• ホーム
  • 歯医者に行くときは口紅を落とそう

歯医者に行くときは口紅を落とそう

2020年02月21日

女性のマナーとしては、外出するときにはお化粧を行うということがあげられますが、特に口紅は顔色をきれいに見せてくれますし、唇をより美しく見せてくれる効果が期待できます。
それゆえ、美容のためにも毎日口紅をつけているという女性も多いですが、場所によってはマナー違反になってしまうので注意が必要です。
大阪の堺市の様な大きな街で歯の治療を行う際は社会人として気を付けたいものです。
歯医者を堺市で探す人は仕事帰りだとしても注意したほうが良いでしょう。
まず、歯医者では、虫歯の治療、入れ歯の作成、インプラント手術、さらに矯正など様々な治療が行われています。
それゆえ、マナーとしても歯科医院に行く前には歯磨きをして、口の中をきれいにしておきたいですが、いつもの癖でお化粧をも直していくという女性は多いのではないでしょうか。
ファンデーションやアイシャドーは治療にそれほど影響はありませんが、口紅をつけたままにしてしまうと、衛生士や歯科医師の手についてしまいますし、不衛生になってしまいます。
さらに治療中に顔のほかの部位に口紅がついてしまう可能性もあります。
そしてふき取る場合も、それだけ無駄な時間が発生しますので、治療にも悪影響が出てしまうことにつながります。
治療が遅れると他の患者さんの迷惑にもつながりますので、ふき取る場合も直前ではなく、待合で待っている間にきちんと落としておきましょう。
美容のためには、口紅はつけていきたいですが、ふき取る手間や衛生を考えると歯医者に行く際は口紅はやはり最初からつけていかないことがおすすめです。
唇のまわりが気になるという人はマスクを着用すれば気にならなくなります。
どうしても口紅をつけずに外出したくないという場合は、歯医者に到着してから洗面所などできれいにふき取っておきましょう。
そして、この場合も落ちにくいタイプの口紅をつけてしまっていると落とすのにかなり時間がかかってしまいます。
インプラントや入れ歯の治療を行う際は治療にもかなり時間もかかりますし、様々な治療器具も使います。
そうした治療の際に、口紅をつけたままにしていると器具にもついてしまう可能性がありますし、ひいては歯や口の中に付着してしまうことにもつながります。
歯科の治療を成功させるには衛生面の管理をしっかり行うことが大事ですが、口回りに化粧品がついていると歯科医師や治療をサポートする衛生士の手にもついてしまいますので衛生的ではありません。
リップグロスなどのあまり色の目立たない化粧品であっても、やはり同じですので、やはり唇には何もつけていかないことがおすすめです。
衛生のことだけではなく、唇の色を見ることは患者さんの健康状態を見るのにも役立ちますので、そうした意味でも口紅はつけないことがおすすめです。

関連記事
プラセンタ配合のプラセントレックスジェルについて

動物の胎盤を原料に用いて美容など様々な用途に使う成分を、プラセンタと言います。そんなプラセンタを使用したケア用品がプラセントレックスジェルです。赤ちゃんと母胎を繋ぐ役割を持つプラセンタは、赤ちゃんが成長するために必要な栄養を届けているため、非常に多くのものが含まれています。それはアミノ酸やビタミンに...

2020年01月14日
乾燥肌は保湿が一番大切!

人によって肌質は全然違います。ほとんど肌が乾燥しないと言う人もいますが、乾燥肌でとても悩んでいる人もたくさんいます。意外と自分でこうだと思っていたけれど肌質が違っていることは多々あります。特に気を付けたいのは乾燥肌です。誤って判断して違う対処をするとトラブルだらけになるかもしれません。乾燥肌の人は徹...

2019年12月07日
美容液たっぷりのシートマスクは肌に良い

肌には保湿が基本ですが、植物が肥料を必要とするように肌にも栄養が必要です。肌の栄養と言うと美容液がそれに当たりますが、シートマスクを使って美容液を肌に届けるのが最も効率的です。シートマスクは目や口の部分が切り取られたマスクに、肌に良い美容液がたっぷり染み込ませてあるものです。普通に手で美容液を塗る場...

2019年10月29日
レチンAクリーム(海外医薬品)の効果について

若い頃に紫外線を長時間浴びる生活をしていると、皮膚内部にメラニン色素が蓄積しやすくなり、肌のターンオーバーとともに表面にメラニン色素が現れるようになります。さらに小さなシミを放置しておくと紫外線のダメージによってシミが広がったりシミが増えてしまう危険があることから、普段のスキンケアを見直してシミ対策...

2019年09月04日
市販薬のシミ改善薬の効果について

シミを改善したいとき、市販薬は自分でも手軽に手に入れられて便利です。しっかりと治療をしたいなら皮膚科に通うという選択肢もありますが、クリニックにかかると当然診察代、初めてだったら初診料などと意外と出費がかさんでしまいますし通い続けるのも大変なものです。その点、市販薬なら肝心の服用継続がしやすく、しっ...

2019年08月27日
シミの原因の一つにメラニンがある

シミができる原因の一つに、メラニンが挙げられます。紫外線などの外的要因によって肌がダメージを受けると、それによってメラニンが生成され、シミとして現れるようになります。なぜメラニンが生成されるのかというと、肌の内側にメラニンが留まることで細胞核がこれ以上ダメージを受けないよう守るためです。そのため、メ...

2019年10月01日
シミ改善の為にレーザー治療を行う際のリスク要因

30代後半から40代以降の人に多い肌の悩みのひとつがシミです。スキンケアをしても消えにくく、年々濃くなり目立つようになってきたシミに悩む女性にとって、レーザー治療でシミを消すことができるとなると長年の悩みから解放されて、若々しさを手に入れることができる希望がある方法に思えます。レーザー治療は、シミに...

2019年08月12日
ハイドロキノンとトレチノインはどんな副作用がある?

トレチノインやハイドロキノンは美白効果がとても高いので、以前は医師の処方せんがないと使えませんでした。今では濃度を抑えて軟膏などが市販されています。使い方を間違えると副作用が出るので注意しなくてはなりません。一体、どのような副作用が出るのでしょうか。基本的にはシミがある部分など肌を白くしたい部分にに...

2019年07月25日
ハイドロキノンとトレチノインの有効成分について

美容を意識した時には、化粧品を高機能なものにするだけでは十分な効果が得られないことが有ります。特に年齢肌のサインとして多くの方が感じている、シワやシミ、毛穴の開きやたるみなどは、乾燥が原因でもあり保湿に力を入れる方も多いです。しかしシミに関しては美白効果が有る美白化粧品を使っていても、出来てしまった...

2019年07月13日