• ホーム
  • シミの原因の一つにメラニンがある

シミの原因の一つにメラニンがある

2019年10月01日

シミができる原因の一つに、メラニンが挙げられます。
紫外線などの外的要因によって肌がダメージを受けると、それによってメラニンが生成され、シミとして現れるようになります。
なぜメラニンが生成されるのかというと、肌の内側にメラニンが留まることで細胞核がこれ以上ダメージを受けないよう守るためです。
そのため、メラニン自体は肌にとって悪いものではありませんが、見た目などの美容上の理由で気にする人が多くいるため、問題となっています。

このように、紫外線のような外的要因が原因で現れるシミは、老人性色素斑と呼ばれています。
褐色から黒色をしているのが特徴で、大きさは一ミリ程度の小さいものもあれば、一センチ程度の大きく目立つものまで様々です。
年齢を重ねると共に現れやすくなり、60代になるとほとんどの人に見受けられます。
もちろん、早ければ20代でも現れることがあります。

この老人性色素斑と間違えやすいのが、肝斑と呼ばれる種類のシミです。
肝斑は30代~40代の女性に発生しやすく、女性ホルモンが原因であると考えられています。
左右対称に広がるようにして現れていれば、それは老人性色素斑ではなく肝斑の可能性が高いでしょう。
もちろん、30代~40代の女性だけでなく20代の女性でも現れることがありますが、50代以降になると改善されることが多くなります。

続いて、肝斑と似ているシミの症状で雀卵斑と呼ばれる種類もあります。
雀卵斑とは、いわゆるそばかすのことです。
顔に広く小さな斑点が広がって見え、雀の卵の模様に似ていることから雀卵斑と呼ばれています。
主な原因は遺伝であると考えられており、幼児期に現れ始めて思春期頃に濃くなり、個人差があるものの以降は少しずつ薄くなっていきます。

以上のように、一見同じように見えるシミでもいくつか種類があり、それぞれ原因が異なります。
そのため現れているシミの種類が何であるのかを見極め、それに合った対策を行うことが大切です。

メラニンが原因のシミは新陳代謝促進が効果的!

メラニンが原因でできるシミの場合は、新陳代謝を促進させることで改善させやすくなります。
そもそもメラニンが原因となるシミの場合、できてしまっても肌のターンオーバーが正常に行われていれば、少しずつ体外に排出されるので薄くなります。
しかし、何らかの原因でターンオーバーが乱れていると、メラニンがうまく排出されずに皮膚の内側に残ったままです。
そのため、体内の新陳代謝を上げて、ターンオーバーを活発化させることでシミが改善されやすくなります。

それでは、どのようにして新陳代謝を上げればよいのかというと、大切なのは規則正しい生活をおくることです。
バランスの取れた食生活にリズムのある規則正しい生活、そして十分な睡眠をとり、ストレスを溜め過ぎないように注意します。
これらを意識して行うことで体のリズムが整い、ターンオーバーが正常に行われやすくなります。

特に、十分な睡眠をとることはとても大切です。
夜の22時~2時頃はゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが多く分泌される時間帯です。
成長ホルモンは睡眠中でないと分泌されず、細胞分裂を活性化させ、古くなった細胞と新しい細胞を入れ替えてくれます。
そのため、このゴールデンタイムに眠っていれば、それだけターンオーバーがしっかりと行われやすくなります。

以上の理由から、ターンオーバーを促進させるためには早寝・早起きを心がけることが大切です。
夜22時の就寝が難しいという場合でも、できるだけ早い時間帯に眠るよう意識しましょう。
もちろん、それだけでは不十分なので、睡眠以外にも前述したような規則正しい生活をおくることが大切です。
バランス良く規則正しい生活をおくっていれば、自然と体の新陳代謝も上がっていきます。

関連記事
レチンAクリーム(海外医薬品)の効果について

若い頃に紫外線を長時間浴びる生活をしていると、皮膚内部にメラニン色素が蓄積しやすくなり、肌のターンオーバーとともに表面にメラニン色素が現れるようになります。さらに小さなシミを放置しておくと紫外線のダメージによってシミが広がったりシミが増えてしまう危険があることから、普段のスキンケアを見直してシミ対策...

2019年09月04日
市販薬のシミ改善薬の効果について

シミを改善したいとき、市販薬は自分でも手軽に手に入れられて便利です。しっかりと治療をしたいなら皮膚科に通うという選択肢もありますが、クリニックにかかると当然診察代、初めてだったら初診料などと意外と出費がかさんでしまいますし通い続けるのも大変なものです。その点、市販薬なら肝心の服用継続がしやすく、しっ...

2019年08月27日
シミ改善の為にレーザー治療を行う際のリスク要因

30代後半から40代以降の人に多い肌の悩みのひとつがシミです。スキンケアをしても消えにくく、年々濃くなり目立つようになってきたシミに悩む女性にとって、レーザー治療でシミを消すことができるとなると長年の悩みから解放されて、若々しさを手に入れることができる希望がある方法に思えます。レーザー治療は、シミに...

2019年08月12日
ハイドロキノンとトレチノインはどんな副作用がある?

トレチノインやハイドロキノンは美白効果がとても高いので、以前は医師の処方せんがないと使えませんでした。今では濃度を抑えて軟膏などが市販されています。使い方を間違えると副作用が出るので注意しなくてはなりません。一体、どのような副作用が出るのでしょうか。基本的にはシミがある部分など肌を白くしたい部分にに...

2019年07月25日
ハイドロキノンとトレチノインの有効成分について

美容を意識した時には、化粧品を高機能なものにするだけでは十分な効果が得られないことが有ります。特に年齢肌のサインとして多くの方が感じている、シワやシミ、毛穴の開きやたるみなどは、乾燥が原因でもあり保湿に力を入れる方も多いです。しかしシミに関しては美白効果が有る美白化粧品を使っていても、出来てしまった...

2019年07月13日